FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはそれでも責任を取れますか?

resizeCAD2W6S7.jpg


応援クリックをぽちっとお願いします^^b

前回の続きです。

自分は冗談でした行動でも人に影響を与えます。

その影響の度合いは受け取る側の反応によりますが

中には自殺をしてしまう人

精神疾患を患ってしまう人

がいます。

そこで・・・考えていただきたいのは責任を取れるのか?ということです。

前にSNSで会った人は小学生の時からイジメられて裁判沙汰になったそうです。

そして対人恐怖症になってしまい人格障害を引き起こしていました。

イジメた側はこの経験を忘れているのです。

前にテレビでそういう調査をしていましたがほとんどの人は覚えていないそうです。

加害者はそんなものなんです。

「個人」という重大性が分かっていないでやっています。


そもそも責任を取ることなんて不可能なのだからイジメないことです。

なぜなら・・・自殺したら責任を取れますか?

仮にあなたが死んでも責任を取ることなんて無理なのです。

イジメられた方の親族に心的影響を与えたからです。

精神が崩壊したら元に戻るまで相当な時間がかかります。

それまでその人を養うことができないでしょう。

※僕からのメッセージを聞いてください。

http://globe2015.blog.fc2.com/blog-entry-176.html



スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
プロフィール

ひらま ひろし

Author:ひらま ひろし
妻と愛猫と(にゃん太)
私の三人暮らし。
いろいろ波乱万丈ありましたが
元気に暮らしてます。
そんな私の徒然日記をご賞味あれ!

SNS
平間浩

バナーを作成
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。