FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死に関心を持つ

resize101.jpg


応援クリックをぽちっとお願いします^^b

僕らというのは通常、死について関心をもちません。

なぜなら、死ぬような事態が起きないし日本では戦争も起きないし治安もいい。

そんなぬるま湯の中で生きているのが今の日本人です。

何がいけないの?って?

ぜーんぜん悪くないです。

なんだったら、ずっとぬるま湯の中にいたっていいです。

ただし、明日ポックリ死んじゃったらどうする?

可能性はゼロとは言い切れない。

明日、事故って死ぬかもしれないし寝てる間に地震がきて寝ながら死んでるかもしれない。

今日、大好きなあの子に告白しようとしたけどいきなり訪れた「死」のせいで言えなかった。

そうなったらどうする?

明日いえばいいやと思ったばかりに言えなかった思いはドコへ消える?

「死」ってヤツは自分で準備を出来ないんだなぁ。

「生」は母親の母体で保護されているから

「そろそろかなっ?」って準備できるけど「死」はそういかない。

いきなり来る。

いつかは分からないけど必ず来る。

その時に

「これやっとけばよかった~(ノД`)・゜・。」

ってヤツを少なくしておくのが人生なのかな。

ゼロにするのは無理でしょ。

出来るとしたら完璧な人だけ。

僕から言わせればぬるま湯に浸かっているような人は

人生をどうデザインしていけばいいのかが分かっていないんだろう。

ただ生きてればいいやみたいな感じ。

「明日」なんて幻想でしかないんだから。

今、僕らに必要なのは「明日がある」という幻想を捨てなければいけないね。

あなたは死について考えたことがありますか?

あったら是非、コメントに書きこんでください。

自分がいなくなることをどう思いましたか?



※僕からのメッセージを聞いてください。

http://globe2015.blog.fc2.com/blog-entry-176.html



スポンサーサイト

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
プロフィール

ひらま ひろし

Author:ひらま ひろし
妻と愛猫と(にゃん太)
私の三人暮らし。
いろいろ波乱万丈ありましたが
元気に暮らしてます。
そんな私の徒然日記をご賞味あれ!

SNS
平間浩

バナーを作成
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。